マッサージを受ける時の注意

こんな人は受けられない!?

新宿,マッサージ

泥酔中の人

飲酒後すぐの人は、マッサージによって血流が良くなることでさらに酔いが全身に回ってしまって頭痛や吐き気など不快な症状、酷いときには急性アルコール中毒など大変な症状につながる場合があります
そういうこともあって特に泥酔中の場合は施術を断られてしまう場合が多いので、飲酒をしたい場合はマッサージを我慢するようにしましょう。飲み会後に行くのもNGです。

飲食後すぐの人

飲食後は胃腸に血流を集中させることで消化を促した方が良いのですが、そのタイミングでマッサージを受けてしまうと他の部分に血流を奪われてしまって消化不良を起こしてしまう可能性があります。
食事をとってからマッサージを受けるよりも、マッサージを受けてから食事をする方が体にはいいようです。

妊娠中の人

妊娠中の体はとてもデリケートです。万が一マッサージによって赤ちゃんや母体に不調が起きてもいけないので、事前に必ず妊娠していることを告げた上で、そのお店で施術を受けられるかどうか確認をしておきましょう
妊娠中の体重増に体がついていけずに腰痛を起こしたり、またむくみやすかったりするようで、妊娠中こそマッサージを受けたいと思う人もいるかもしれませんが、マタニティーマッサージなど専門的なメニューを扱っている店にいくか、信頼できる病院などで紹介されたところに行くのが良いかと思います。

熱がある、病気がある人

風邪などで熱があったり持病がある場合は施術を断られる場合があります
マッサージには良い効果もありますが、病気によっては揉んだり触ったりするだけでも悪影響を及ぼす場合もあるので、施術自体をしてもらえないことがほとんどです。
熱がある時はマッサージをしないようにし、持病がある場合はかかりつけの病院などに相談してマッサージ院を紹介してもらうのが良いと思います。
またアレルギーがある場合はオイルマッサージなど皮膚に直接触れるものに対して注意が必要になるので、オイルの種類など必ず確認をしてから施術を受けるようにしましょう。

こんな行為はNG!

新宿,マッサージ

セラピストへのセクハラ

「マッサージ」、特に「オイルマッサージ」というと、性的なサービスが受けられると勘違いしてしまう人がたまにいるようです。
特に女性のセラピストさんしかいないようなお店でそういう勘違いがたまにあるようですが、値段を見ればすぐに分かると思うんですけどね。。。
普通に健全なマッサージ店やリラクゼーションサロンで、セラピストさんへのセクハラ行為はもちろんNGです。偶然ふれてしまった場合を除いて、セラピストさんに自分から触るのもダメです。

コメントは受け付けていません。