リラクゼーションサロンの施術

自分のように「他人に触られるのがちょっと苦手、だけどマッサージは受けたい」って人のために、リラクゼーションサロンではどんな施術が行われるのかをご紹介していきます。

新宿,マッサージ

もみほぐし

一番オーソドックスな施術で、手や肘などを使って全身を押したり揉んだりする施術です
一番短くて30分コース、長くて90分や120分コースなどがあって、辛い部分があればそれを伝えておけばそこを重点的にほぐしてもらえます。
人によっても男女によっても押し具合が違うので、施術中に痛みを感じたりした場合は自分好みのほぐし方を伝えると良いと思います(「ちょっと痛いです」とか「もう少し強めでお願いします」とか)。
また、強めに押されたり揉まれるのが好きでも、あまり強く押され過ぎると筋肉が傷ついてしまったりして、後々もみかえし(筋肉痛のような痛み)が起きたりするそうなので、ほどほどにほぐしてもらうようにしましょう。

リフレクソロジー

主に足に対して行う施術です。考え方は足つぼと似ていて、足にある「反射区」と呼ばれる全身に対応した部分を刺激することで健康を目指す施術法だそうです。
足つぼと違う部分は、足つぼはツボをピンポイントで指や棒を使って刺激することが多いのに対し、リフレクソロジーは面を意識して押したりさすったりするところのようです。その分痛みが少ないのが特徴で、足つぼ同様足への刺激だけで全身症状の改善が期待できるので人気になっています。
ヘッドリフレやハンドリフレなど、頭や手にアプローチするメニューもあります。

オイルマッサージ

マッサージ用のオイルを使って施術をする方法です。服は汚れてしまうので脱いだ状態で行います。
オイルを使うのは、リンパマッサージなどさする施術の時に必要以上に肌が擦れないようにするためや、保湿のためにも良いとされています。またアロマなど良い香りのオイルを使用することでより高いリラックス効果も得られるとされています。
マッサージには植物性のオイルを使用するところがほとんどなので、アレルギーがある方は注意が必要になります。

リンパマッサージ

リンパというのは体の中の老廃物を運ぶ役割をしていますが、それが滞ることでむくんだり疲れやすかったり様々な全身症状が起きていまいます。
そのリンパが正常に流れるように促すのがリンパマッサージ。リンパの流れに沿ってゆっくりさすったり、あるいは揉んだりする施術を行います。
むくみが取れたり血流やリンパの流れが良くなってよく眠れるという効果が期待できるようです。

コメントは受け付けていません。